FC2ブログ

☪ Hearts Words Dance ☪

書道、日記等々載せておりますv(゚∇^⊂) ♪歌ってみたも♫

心の灯火を絶やさぬように

8/25はドラマライフ第8話の放送日でした。

では、感想です。


ドラマも佳境に突入といった感じですが、今回の話から周りの雰囲気が変わってきます。止まっていた車輪が徐々に動き出した感じです。 冒頭、歩は安西に逆にいじめの罪を着せられ、安西の父親にクズとまで言われます。 これにはさすがに温厚な歩も黙っていません。 怒りは頂点に達します。 まぁ、そりゃそうですよね。あそこまで言われて黙ってはいられませんよね。 歩の言葉に周りは圧倒されます。 その中で歩はいじめられているのは自分の方だと言っていますね。「私はいじめられている」それを言うことがどれだけつらいか。周りには知ってもらいたい。でも、言えない。それは、恥ずかしいとか言った後、どうなるか不安だとかではなく、ただ言うことがすごくつらいのです。眩暈がするほど。
また、今回の話の中で私が好きなセリフに、「歩は嘘をつかない」というものがあります。もちろんこういうことを言われるのはすごい嬉しいことだとは思いますが、言えるということもすごいことだと思います。そう思いませんか?

それから、今回、廣瀬が自殺を図りますが、あそこまで人を追い詰めても安西は何とも思わないのでしょうか。・・・・・・・・・なんて言いましたが、そんな人間はどこにもいませんね。安西は平然とした様子でしたが、心には錘がぶら下がっていると思います。それはもう確実に。
一方、平岡先生がいじめの真相を突き止めようと奮闘していますが、大丈夫でしょうか。安西に目を付けられたらヤバイですね。
まぁ、というわけで、今回の8話で色々なものが変化していこうとしています。薄っすらと光が見えてきたような感じがします。それでもまだまだこれからですが。 羽鳥さんが言っているように歩の声は確実に周りに届いています。でもまだ届き始めたばかり。 負けるな。 あきらめなければ、いつかこの長い長いトンネルから抜け出せる日はきっと来る・・・・・・・・・


出演:  椎葉歩: 北乃きい
    羽鳥未来: 関めぐみ
    薗田優樹: 北条隆博
    安西愛海: 福田沙紀
    佐古克己: 細田よしひこ
    廣瀬倫子: 星井七瀬
   戸田和佳絵: 瀬戸朝香
    椎葉文子: 真矢みき

クリックしてランキングに一票お願いします!
スポンサーサイト

2 Comments

なっくあおち  

噛みついた!

唸った猛獣が噛みついた感じでしょうか?
歩の中の猛獣がついにうなりを越えた様です。
正確に言えばもともと優しく気持ちの強い心が
猛獣と化したとでも言いましょうか。

売り言葉に買い言葉、そういうなら私はこうだ!と
返した様子です。しかもそれは一時の感情ではなく、
鬱積した強力なストレスの反動。
こんなに猛獣にならなければ生きていけない学校って。。

平穏無事はみんな願ってる。しかしみんな仮面をかぶり
キャラを演じ、身を守っている。

でも希望とエネルギーが一緒になって爆発したとき、
強い勇気が証明される。
浅はかな人は「キレた」としか思わないだろう。

羽鳥さんは感じ取ってくれたのは
アユムにとってとても嬉しいことだ。

羽鳥は歩と上下関係ではない。強い歩を見て
対等に話したい気持ちが「未来(みき)でいいよ」
になったのではないだろうか。(深読みかな)

2007/08/31 (Fri) 19:15 | EDIT | REPLY |   

美獣  

ソロバン学校でも人気

我が家のチビッコ情報によると、『ライフ』は、そろばん学校でも評判のドラマだそうです。
その他の番組としてお奨めいただいた『女帝』ですが、今回も親子で鑑賞するには辛いシーンがありました。
「見ちゃダメ場面」は「世界陸上」に素早くチェンジッス。
それじゃ、See you!

2007/09/01 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

You may also like

Category: ドラマ感想